車を売却する際の必要な書類とは

すっかり当たり前となった買取業者への車売却。

乗らなくなった車の処分として、また新しい車を買うための資金の足しにと、気軽に買取業者へ車を売る世の中になりましたね。

TVCMなんかの影響や手軽にインターネットを通じて無料査定が受けられるのと相まって、今ではすっかり当たり前となった感がありますね。

車を買取に出す場合、もっとも気にかけるのは査定でしょう。

自分の車がいくらで売れるかというまさに肝心要の部分、ここを疎かにする人はいないはずです。

その裏で忘れられがちなのが、売却の際の買取書類。

前車、ティアナを売却した時も私もそうでしたが。。。ついつい買取価格にばかり気持ちが行って書類は後回しになりがちです。

車を取引するのは口約束ではありません、様々な書類が必要になります。

売りに出すのは非常に簡単です。

今では車買取業者に連絡を取れば、業者側がいろいろと準備してくれます。

とはいっても、自分で用意しておかなければいけない書類も多々あります。

普通の乗用車を売却する際に必要な書類一覧をあげると

・車検証(自動車検査証)
・自賠責保険証
・自動車税納税証明書
・実印
・名義人の印鑑登録証明書
・リサイクル券の預託証明書
・住民票の写し
・委任状
・譲渡証明書

こちらの9書類です。

車検証、自賠責保険証、自動車税納税証明書、リサイクル券の預託証明書は普段車に入っているので特別用意することはないと思います。あと実印もご自宅にあるでしょう。

ただ名義人の印鑑登録証明書はお住まいの市区町村の役場や行って発行してもらわなくてはなりませんので事前に用意することを忘れずに!

また委任状と譲渡証明書は買取業者が用意してくれているので自分で用意する必要はありません。

あとは買取業者が決まったら 上記の買取書類を用意して待つだけです。

車の処分方法としてオークションに出すという手段もあります。

ひょっとしたら業者より高く買ってくれる人がいるかもという期待は持てますが、個人同士の取引ということでハイリスクな面もあります。

また盗難車をネットオークションで売るという話はよく聞きますし、買取書類の不備で、被害をこうむることもありますので注意しましょう。

あと上記一覧にない書類で注意したいのが、買取業者が発行する買取証明書です。

領収書も兼ねている場合が多く、査定後に商談成立となった時点で業者が作成する書類です。

この書類は任意保険の中断手続に必要な書類です。

車を売却し次の車を所有しないようでしたら任意保険の中断手続きを行っておきましょう。

もし次に車を買った時、任意保険料が割引になりますので、この手続は忘れずに行っておきましょうね。

私はこれで痛い目にあいました・・・・

カテゴリー: 未分類 | 車を売却する際の必要な書類とは はコメントを受け付けていません。

富山の車買取業者探し

今乗っているティアナを手放す場合に、一体どれくらいの値がつくのか知りたくて調べてみました。

富山にはどんな車買取業者があるのかという話になるのですが、この間大通り沿いで気になった業者に限らず、そういった車買取業者でみてもらうのがよいのかなと思います。

ただ、ディーラーの下取りの場合はどうなるのかとか、よくわからないこともあるなかで、面白いサイトを見つけました。

富山市に住んでいるというRIN太郎さんが、20年乗ったインプレッサを手放す時の話が面白いです。

車買取 富山

RIN太郎さんの話によると、ディーラーは良くないみたいなんですね。インプレッサは価格が付かなかったそうですよ。

今はネットで一括見積というのができるらしく、ネット上で必要情報を入力すると、買取額がいくらになるのか価格を出してくれるんですね。(たぶん概算)

しかもそういったサイトがいくつかあるようです。カーセンサー、ユーカーパック、カービューがあげられています。

他にも富山の車買取業者が一覧になっているので参考になりますね。

いよいよティアナとのお別れがなんとなく現実的になってくると、なんだか寂しさを感じてしまいます。

これからティアナで外出するときはしみじみ運転を楽しもうと思います。

ところでこの間、ジップラインアドベンチャー立山に行ってきました。ジップラインって知ってますか?森林の中にワイヤーが張られていて、滑車で滑り降りていくスリル満点な遊びです。まるで映画のワンシーンのように、スパイか何かになった気分で楽しめますよ。これはオススメです。やったことない人は一度はやってみるとよいですよ。

その帰りには、中川原台交差点近くの、富山酒場情熱ホルモンでたらふく食べて家路につきました。ここのホルモンもうまいのでおすすめです。
マルチョウが特におすすめ!

 

 

カテゴリー: 日記 | コメントする

ティアナで高岡おとぎの森公園に行ってきました

先日家族で、愛車のティアナに乗って「高岡おとぎの森公園」に行ってきました。

この公園はかなり広いので1日中遊べますね。

大きい遊具や「ドラえもんの空き地」など、子供が喜びそうな設備が整っています。

定番のスライダーやターザンのロープなど、うちの子供達も何度もやってました。

タダの芝生広場もあるので、ボールで遊んだりもできます。

親としては面倒なのですが・・・水辺ではバチャバチャ遊べるので、最初から濡れても良い準備をしていったほうが良さそうです。

こういうの、子供は大好きなんですよね。

個人的には、クイズに挑戦していく地下回廊とか、たくさんの植物が展示されているアトリウムガーデンとか、展望台がよかったです。

 

ところで、「高岡おとぎの森公園」への道中の信号待ちのときに気になったのですが、中古車販売屋さんが大通りに面してよくあるじゃないですか?

これまで中古車には興味がなかったんですけど、3年落ちくらいの車を乗り換えていくのも面白いのかなって思い始めました。

極端な話をすれば、新車で買っても翌日には中古車なので、それだけで数十万円くらい値が落ちると思うんですよね。

逆に中古車を買う側からすれば、大した問題もなく、割安で車が手に入ることになります。

もちろん販売会社がマージンを取るわけですけど、うまく使えばお得かなと感じます。

今気になっているのが、ミニバンです。

子供が大きくなってくると、少し大きめの車で荷物がたくさん積める車の方が便利なのかなと思います。

ただ、ティアナももっと乗りたいですし、自分の好みと家族との関係(子供の成長とか)を考えると、意外と車選びって難しいのですね。

今後どうしていこうか悩ましい所です。

カテゴリー: 日記 | コメントする

車は内装にもこだわりたいですね

富山在住の2児の父、真一です。

富山ってとにかく車社会なんですよね。どこの家にも車が1台は必ずあるくらいです。ちなみに私が今乗っている車は「日産」のティアナです。

その前は、車高が高めのハッチバックタイプの車に乗っていたので、セダンであるティアナを上手く乗りこなせるか最初は不安でした。

ですが乗ってみたらとても快適です!窓が広いからか、前回の車より目線が低くなったことは全く気にならず、モニターもついているのでバックする時なども困りません。

外装はなんといっても重厚感があるのがお気に入りで、飽きのこないデザインです。気になる事といえば、燃費が少し悪いことと、小回りが余りきかないことくらいです。

車といえばやはり外装に一番気を使いたくなる所でしょうが、やはり一番気にすべきは「乗りごこち」です。特に長距離を運転される方などは重要なところです。

少々値が張りますが、私がお勧めするのはシートを「革」にすることです。これだけで座り心地=乗り心地が全然違います。欲を言えば、座面にヒーターとファンを付けると更に快適です。

冬場は暖かく包んでくれ、夏場はクールダウンしてくれます。この機能を搭載して本当に良かったと思っています。また、助手席に乗る人のためにフットレストもあると尚快適です。

長距離の時などは、運転している人はもちろん疲れますが、ただ乗っている人も疲れるものです。足もむくんできますし、この機能があれば最高のおもてなしドライブとなるでしょう。

ここまで色々な機能をつけてしまうと、ちょっとした外国産の車が買えてしまうような価格帯になりますが、この車は国産車ですのでメンテナンス費用は抑えられています。この先も、長く乗りたい車ですね。

カテゴリー: 日記 | 車は内装にもこだわりたいですね はコメントを受け付けていません。