ティアナで高岡おとぎの森公園に行ってきました

先日家族で、愛車のティアナに乗って「高岡おとぎの森公園」に行ってきました。

この公園はかなり広いので1日中遊べますね。

大きい遊具や「ドラえもんの空き地」など、子供が喜びそうな設備が整っています。

定番のスライダーやターザンのロープなど、うちの子供達も何度もやってました。

タダの芝生広場もあるので、ボールで遊んだりもできます。

親としては面倒なのですが・・・水辺ではバチャバチャ遊べるので、最初から濡れても良い準備をしていったほうが良さそうです。

こういうの、子供は大好きなんですよね。

個人的には、クイズに挑戦していく地下回廊とか、たくさんの植物が展示されているアトリウムガーデンとか、展望台がよかったです。

 

ところで、「高岡おとぎの森公園」への道中の信号待ちのときに気になったのですが、中古車販売屋さんが大通りに面してよくあるじゃないですか?

これまで中古車には興味がなかったんですけど、3年落ちくらいの車を乗り換えていくのも面白いのかなって思い始めました。

極端な話をすれば、新車で買っても翌日には中古車なので、それだけで数十万円くらい値が落ちると思うんですよね。

逆に中古車を買う側からすれば、大した問題もなく、割安で車が手に入ることになります。

もちろん販売会社がマージンを取るわけですけど、うまく使えばお得かなと感じます。

今気になっているのが、ミニバンです。

子供が大きくなってくると、少し大きめの車で荷物がたくさん積める車の方が便利なのかなと思います。

ただ、ティアナももっと乗りたいですし、自分の好みと家族との関係(子供の成長とか)を考えると、意外と車選びって難しいのですね。

今後どうしていこうか悩ましい所です。

カテゴリー: 日記 | コメントする

車は内装にもこだわりたいですね

富山在住の2児の父、真一です。

富山ってとにかく車社会なんですよね。どこの家にも車が1台は必ずあるくらいです。ちなみに私が今乗っている車は「日産」のティアナです。

その前は、車高が高めのハッチバックタイプの車に乗っていたので、セダンであるティアナを上手く乗りこなせるか最初は不安でした。

ですが乗ってみたらとても快適です!窓が広いからか、前回の車より目線が低くなったことは全く気にならず、モニターもついているのでバックする時なども困りません。

外装はなんといっても重厚感があるのがお気に入りで、飽きのこないデザインです。気になる事といえば、燃費が少し悪いことと、小回りが余りきかないことくらいです。

車といえばやはり外装に一番気を使いたくなる所でしょうが、やはり一番気にすべきは「乗りごこち」です。特に長距離を運転される方などは重要なところです。

少々値が張りますが、私がお勧めするのはシートを「革」にすることです。これだけで座り心地=乗り心地が全然違います。欲を言えば、座面にヒーターとファンを付けると更に快適です。

冬場は暖かく包んでくれ、夏場はクールダウンしてくれます。この機能を搭載して本当に良かったと思っています。また、助手席に乗る人のためにフットレストもあると尚快適です。

長距離の時などは、運転している人はもちろん疲れますが、ただ乗っている人も疲れるものです。足もむくんできますし、この機能があれば最高のおもてなしドライブとなるでしょう。

ここまで色々な機能をつけてしまうと、ちょっとした外国産の車が買えてしまうような価格帯になりますが、この車は国産車ですのでメンテナンス費用は抑えられています。この先も、長く乗りたい車ですね。

カテゴリー: 日記 | 車は内装にもこだわりたいですね はコメントを受け付けていません。